ヨガとは

体が硬いヨガ初心者向けの対策

ヨガ猫
体が硬くてヨガができない。。

とお悩みの方向けの記事です。

体が硬い原因を知ろう

身体が硬い原因のほとんどは、関節近辺の筋肉の弱さや硬さが影響しています。

一つの例として、ヨガポーズによくある、身体を前へを曲げる前屈が難しい人は、股関節近辺の筋肉の硬さに起因することが一般的です。

筋肉の特質としまして、元々動作することが当然の筋肉が弱まり正常でなくなると、その他の部分の筋肉が弱まった筋肉の代理として働き、動きをカバーします。

そうすることによって、代理として働いてくれる筋肉に対するプレッシャーが拡大して行き、始終凝り固まったコンディションに繋がります。
そして最終的に身体にコリや疲弊を受け取りやすくなります。

この事態はヨガのポーズをやっていない場合の生活にも共通して生じます。
身体の硬さは、常日頃から疲弊として身体に出てくるケースもあるので、活き活きとした身体をキープすることを望むなら、クッション性を養い筋肉を強めることが肝心です。

取り敢えずは日常全然動かせていない筋肉をちゃんと動かしてあげるということが、柔らかい身体を作っていくコツです。

 

体が硬い人のヨガ注意点

体が硬い人は、ヨガで無理をするのは禁物です。注意点を確認しながら、目的に合わせてヨガを楽しみましょう。

無理のないポーズを行う

一般的に「キツイ!と感じる」姿勢はケガの元に繋がります。そのため、無理に難易度の高いポーズは取らないようにしておいてください。ヨガポーズは難易度の種類も数多くあります。そういった複雑でハードルが高すぎるポーズについては、初心者の人は控えておくようにしてください。

ハードルが低いポーズだとしても、しんどいと感じた緩め、気持ちよく思うポイントを見つけてください。

 

呼吸の方法を意識する

ヨガ初心者さんは、硬い身体を無理やり伸ばそうとして、息を止め気味になります。しかしながら、ヨガポーズと呼吸を合わせて行なうもので息を無理に止めてはいけません。

落ち着いて呼吸をキープしれば副交感神経が優位になり落ち着いてきます。呼吸を何回もすることでメンタリティが和み、とりわけ吐く息に留意することによってジワジワと体も伸びていくでしょう。

ヨガ猫
ヨガにはオリジナルな呼吸法が存在します。というわけでポーズにとどまらず呼吸を大事にヨガと向き合ってみましょう。

 

体の硬い人こそヨガを始めましょう

始めのころは1週間に一度で問題ありません。それ以降は1週間に2回にチャレンジするなどだんだんと頻度をアップさせていくことが重要です。時の経過と同時に気持ちよさに気が付くようになれば、知らぬ間にヨガが自由自在になり、とことんヨガ楽しみたいと感じるはずです。1週間一回のヨガだけでは少なく感じ、、毎日、おウチでヨガをし続けることがルーティーンになれば、数ヶ月で効果を感じることができると言われています。

体の硬い人だからこそ、日々の生活にヨガを入れ込み、身体の不具合や心の憂いを取り外し、カラダの下地をゲットして参りましょう。これらをきっかけになって一歩前進してみましょう。

-ヨガとは

© 2022 ヨガ・フィットネスの達人 Powered by AFFINGER5