ヨガとは

ヨガのおすすめの時間帯は?【朝or夜】

ヨガをやっている人々は、朝早く若しくは夕方から夜にかけてヨガ教室でトレーニングをうけるタイプが多いです。今話題のオンラインレッスンなどでおウチにいながらヨガに取り組んでいる方は、いろんな時間帯の方がいらっしゃいます。ヨガ教室とおウチのいずれでやるとしても、ヨガを始めるタイミングで効果のほどに影響力はあるのかについて、解説していきます。

一番いい時間帯はあるの?

ヨガを行う場合、おすすめ時間帯は「早朝と就寝前」が良いと言われているようです。それは、骨盤を改善して内臓の働きが正常になるような影響があるとされているからです。

内臓をフォローしている骨盤は午前中から夜中にわたってジワジワと開いていくそうです。早朝ヨガを行うと骨盤もしくは骨をアシストする筋肉が促進され、夜中になろうが骨盤ができるだけ開かないような形で維持してくれます。

早朝ヨガと夜のヨガ

早朝に行うヨガと夜のヨガ、どちらにどんなメリットがあるのでしょうか?

早朝のヨガ

朝起きたばかりでおなかが減っている環境の中でヨガを行なうと、脂肪燃焼が活性化されます。継続化していけば体質向上効果も望めるだけでなく、早朝ヨガは神経にも影響を与え、副交感神経と交感神経のチェンジが促されます。この理由により、気持ちよく目を覚ますことが出来るワケです。ありがたいメリットが多い早朝ヨガですけれども、より一層インパクトを引き出すためには少しばかり決まり事( 朝ごはんを食べるより前に行う事など)が存在しています。

 

夜のヨガ

一般的に夜の間については夕暮れから寝る前の9時より前にヨガを行うことが適切と言われているようです。お昼の期間にご飯をいただき、抑え気味の軽食を採ることで、だいたい空腹が発生するタイミングが夕方になります。すなわち、ヨガを充実させるシチュエーションが準備されます。ヨガポーズの中には内臓をプッシュしたりなめらかな呼吸法を必要とするので、出来るかぎり空腹の状況がおすすめです。

よく知られている夜の間のヨガは、日中の身体の疲弊やプレッシャーをクリアすること、硬くなった筋肉や関節をやわらげて血行を活性化させるなどといった効果が期待できます。ヨガの緩い動きに合わせて心とからだをリラックスさせて身体をあったかくするだけに限らず、身体を楽にして自律神経を穏やかにするわけです。そのお陰で質のいい眠りに就くことが可能となります

疲弊が蓄積している人やプレッシャーを受けやすい人、内勤ワークや肉体仕事の人などは、ヒーリング効果を手にして快く一日を締めくくりましょう。

-ヨガとは

© 2022 ヨガ・フィットネスの達人 Powered by AFFINGER5